カレンダー

2021年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

ジャッジメント

2015年8月24日

ナンバーズのドン役でおなじみのロブ・モロー主演のドラマ「ジャッジメント」が
AXNで水曜10PMに放送中です。
ちなみに、ジャッジメントと英語のタイトルですが、これは邦題で
本来のタイトルはThe Whole Truthです。

【ネタバレあり】
ERでアビー役だったモーラ・ティアニーとダブル主演と言う感じで
ロブ演じるジミーが弁護士
モーラ演じるキャスリンが検察側で
法廷を中心に進んで行くドラマです。

私は、これがAXNで地味に始まった感じが不思議なんですけど
記事を書くにあたってIMDbでチェックしたら・・・
なんと1シーズン13話で終わってました^^;

なるほど~って感じ。

でも、3話見た感じでは結構面白いので、残念!

事件が発生し、キャスリンが担当することになり
被告がジミーに依頼し、まずは保釈などのやり取りが行われます。
この辺りまでは並行した感じで進むんですが
法廷で二人が揃ったシーンで、いったん検察側がメインになって物語が進んで行きます。

証人や証拠が出てきて、犯人は被告人だって思えてくるんですが
しばらくすると、さっきのシーンにちょこっと戻って
今度はその後弁護士側どう過ごしたが描かれます。

そこでは、ジミーに助けを請うかわいそうな被告人がいるわけです。
検察側が握っている証拠は、違う解釈が出来ることや
証言の信ぴょう性がないことがわかったりして
やっぱり無罪なんじゃないのって思えてくる。

検察側のシーンの間にそれぞれが電話したり、すれ違ったりするんですけど
弁護側の時にも当然同じ事が弁護側の視線で描かれ
「あの電話こう言うことだったのかぁ」
なんて思えて面白いんです。

そして、再び法廷に現れた検察側と弁護側
ここからはどちらがメインと言うことではなく
法廷でのやりとりを描いて行きます。

普段のドラマでは刑事や検察側か弁護側
どちらかからしか見ないから、基本、被告人が有罪か無罪かは決まってます。
その結果を分かった上で、勝つか負けるかをハラハラしてみるわけで
9割くらいは主人公サイドが勝つわけです。

でも、ジャッジメントでは途中からはどちらが主人公ということではなくなるので
結局この人は本当に犯人なのか
法廷でのやり取りから、それこそ陪審員のように判断するしかない。
そうやって見ると、本当に人を裁くって難しいことなんだって思います。

検察側の主張を聞いていれば有罪に感じるし、弁護側の反論を聞けばそれにも納得しちゃう。
でも、全体を通してどうも有罪(もしくは無罪)のようだ。
と判断することになるわけで、絶対的な確証がなかなかつかめないんです。
もちろん、アリバイが崩れたとか、被告の指紋が付いた凶器を隠してたとか
決定的な証拠があれば良いんですけど、その辺りも、このドラマではない事件をあえて出してきてる感じです。

そして最後には、陪審員が有罪か無罪か、答えを出します。
大抵はドラマ全体の雰囲気から妥当な判決なんですけど
それでも、視聴者としても本当にそうなのかな・・・と不安が残ります。

実際の裁判ではここで終わりです。
もしも自分が陪審員になったら、そして決定的な証拠がない事件だったら
若干の不安を残しつつも、一つの答えを出さなくてはいけない・・・
これでも陪審員裁判の現実というか、そう言うのをさりげなく伝える良作だと思うんですが
やっぱりモヤモヤっとしますよね。

そんなわけで、ドラマでは視聴者サービス(?)がちゃんとあって
最後の最後にワンシーン用意されています。

裁判の中で行方がわからなかった証拠が出てきて「やっぱり有罪だったんだ」と分かったり
無罪となった回で、とある物が部屋に置いてあるのが映されて、真犯人がわかったり
ラストで判決が正しかったのかがわかるようになっているんです。

ドラマを見ている側としては「おぉ・・・そうだったのかぁ」と
納得して見終われます。

◆ゲストにパパちゃんが
最初に書いた通り、ロブ・モローは「ナンバーズ」と言う作品に出演していましたが
そこでお父さん役だったジャド・ハーシュが被告役でゲスト出演しました。

これはもうナンバーズファンとしては、「ドンがパパの危機を救う!」って感じです♪

裁判の結果、無罪を勝ち取ったドン・・じゃなくてジミー
でもパパ・・・じゃなくて判事はラストシーンで検察側のトラップに引っ掛かり
自分の罪を認めてしまうことになりました。
アランパパは良い人だったけど、ジャド・ハーシュは悪い役で出ることが多いです(T T)
ちと悲しい。

と言うわけで、3話見た感じでは次回も楽しみな作品なんですけど
銃撃戦があったり、セクシー美女が出てくる感じでもないので
若干地味めな作品だからなのか、13話で終わりなんですねぇ。
あと10話、どんな事件が出てくるのか、そしてどんな結末を向かるのか
楽しみたいと思います。

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ