カレンダー

2021年4月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

クリミナルマインド シーズン9 スタートしました

2015年2月4日

WOWOWでクリミナル・マインド シーズン9がスタートしました

【ネタバレあり】
今回はクリフハンガーエピではなく、ホッチが現場を離れるかも?
ってところでのスタートです。

1話目と2話目が前後篇になっていました。

冒頭、監禁されている女性が、犯人が出かけている間に
なんとか抜けだそうともがいているシーンがあり
その音がうるさい、と下の住人が苦情を言いに行くのですが
そこに犯人と思われる人物が帰ってきて、独特の雰囲気に。

この心理的な怖さ^^;クリミナルマインドだっ。

しかもこの犯人、最初に殺害した被害者の顔を冷蔵庫に保管しておいて
その後の被害者たちに食べさせていたのです(><)
被害者たちが特徴的なポーズを取らされて遺棄されていたことから
BAUのメンバーが呼ばれます。

リードは、メスのカマキリが交尾のあとオスの頭を食べるのを再現しているのかも
とひらめき、ガルシアの凄腕検索で犯人を導き出し、1話目のラストで犯人を逮捕

・・・って、前後篇じゃないの??

直接逮捕したJJとモーガンもどうも腑に落ちない表情
(いや、もちろんひっかかってるのは犯人の態度ですが)

その、経験に基づいた違和感は正しくて
逮捕した人物の指紋が、採取されていた犯人の指紋と一致しませんでした。

誤認逮捕とわかるや、プロファイリングなんて曖昧なものに頼るからこうなるんだ
となってしまいます。
しかし、プロファイルそのものが間違っていたわけではなくて
犯人は双子で、かつ子供の頃、養子に出されていたた兄をまさに「誤認」逮捕していたわけです。

私の知り合いは、二卵性の双子のだから初めて見ても見分けがつくくらいですが
まなかなちゃんみたいにそっくりだと、見慣れないと区別がつかないですもんね

ドラマでは当然同じ俳優さんが二役で演じているから、髪型も体型も完全に同じで
本当に見分けようがないっ。
これを誤認逮捕とスキャンダル扱いするのはどうかと思うんですけど
上層部は自体を重く見て、ホッチの昇格は見送られることになります。
でも、ホッチもロッシも、むしろ笑顔な感じで、視聴者としてもほっと一安心♪

しかし、問題はなぜ離れて暮らしていたはずの兄が、同じ町をうろついていたのかということ。
偶然とは思えないタイミングで現れた兄ジェシーは
シリアルキラーである弟ウォレスを殴り、連れ去って行きました。

自分とそっくりな人間がいて、殺人鬼と報道されたことで
動揺しているのかとも思いましたが
ウォレスが何をしたのか、巧みに聞き出すジェシー

そして再び被害者が発見されます。

ジェシーはウォレスが自分と同じだと気が付きます。
双子の殺人鬼は一緒に強行におよび
ウォレスは正に理想的なパートナーをえたかのように見えました。

一方、BAUの捜査も真相に近づいてきていました。
父親の情報を隠そうとしていたことに気付き
会いに行ってみると、統合失調症を患っていることがわかります。
しかし、実は母親にも問題があって、「完璧なママ」と言うところに固執していることにホッチが気づきます。

ジェシーも養子に出されたことを恨んでいて
本当はパートナーになったふりをしてウォレスを殺す気で
母親も、ウォレスに失望しジェシーとなら完璧な家族になれると思っていると分析

教会で落ち合った三人。そこには包丁が用意されていて
ウォレスを気遣うそぶりを見せながらも、ジェシーに目配せをする母カーラ
手早くすませて
と言われたジェシーでしたが、自分を捨てた母も恨んでいたジェシーは
お前を殺すように頼まれたとウォレスに暴露し、カーラに包丁を向けます。
しかしウォレスは母を助けようとし、二人がもみ合いになってしまいます。
そこにBAUが駆け付けたのですが、一人は死亡、ジェシーが正当防衛だと訴えます。

でもあまりにもそっくりな二人、生き残ったのがどちらなのか・・・
一卵性双生児ということでDNAでは判断できないのです。
彼らの父親を連れて来ると、指を動かすしぐさを見て
ウォレスに子供の頃に教えたリラックス法だと
屈託なく言うのでした。

そう、実際にはウォレスがジェシーを殺していたのですが
カーラにウソをつくよう言われていたのです。
母親こそがサイコパスで双子はある意味その被害者でもあったのかもしれません。

犯人が統合失調症であることも多いですが
統合失調症の人が全て危険人物だと言うことではないわけで
今回は、統合失調症の父親の存在が、この家族の唯一の救いだったのが印象的でした。

シーズン9に突入しても、まだまだ「どうなるの!?」と引き込まれるクリミナル・マインド
今シーズンも楽しみです♪

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ