カレンダー

2022年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

Dr.HOUSE シーズン3 第23話 「 悪ガキ 」

2009年6月1日

【ネタバレ】
チェスに勝った男の子が、負けたこの方を突然殴りだし、血だらけに。
ところが、殴った方の子も頭が痛いと叫んでいて、救急車を2台呼ぶことになります。
今回の患者はこの殴った方の男の子、ネイト
検査中も嫌味っぽいこととか、皮肉っぽいことしか言わない
本当に口の悪い男の子
ベジタリアンだったなんて嘘みたいに肉食動物的な子です。
ハウスチームは、この口の悪さもパーソナリティ障害、つまり病気のせいとして
症状リストに加えます。
ハウスは群発性頭痛と考えますが、チェイスはERですでに普通の治療はしているから違うと反論します。
「普通じゃない治療があるから、普通の治療ってもんがある」とハウスは検査を指示します。


フォアマンが磁気刺激検査をしていると
それを見守る母親がチェイスと話をしています。
あの性格がひどい頭痛のせいなら、病気が治れば変わるかも
と喜び、そう思ったことを「ひどい母親よね。。」と言っていますが
チェイスにもその気持ちはわかる。だってフォアマンに検査を変わってもらった人ですから(笑)
しかし、これも効果はなく群発性頭痛ではなさそう。
なのに、ハウスは症状からいっても群発性頭痛と譲りません。
チェイスは普通の治療も普通じゃない治療も効かなかったんですよ、と反論。
後は脳手術しかないが治る保証はない。
すると、ハウスは、なんとマジックマッシュルームを使った検査をすることにします。
母親は当然、なかなか同意しませんでしたが
横でネイトは早くサインしろ~、とハウスばりに文句言い放題。
これ以外だと脳手術しかない、という説明を受け
母親は仕方なくサインするのでした。
一方フォアマンは、新しい仕事の面接を勝手にキャンセルされたと怒っています。
当然犯人はハウスだと思って文句を言いますが、
ハウスは俺じゃない。とカッディのところに確認に行きます。
ついでに(?)マジックマッシュルームの使用許可を取ってくるのでした。
マジックマッシュルームを使って陽気になっても
口の悪さは変わらないネイト
キャメロンに向かって、下半身をはだけて見せたりして
チェイスが慌てて服を直します。でもキャメロンは自ら
ネイトの服を開いて確認。サイズが小さいというのです。
性腺機能低下症ということで、下垂体の生検をすることになります。
しかし、ネイトは脳を一部を取るんだろ、嫌だね
と同意しません。チェイスとキャメロンが手こずる中、ネイトは突然意識不明になってしまいます。
脈も心拍も正常。チェイスが口の中を調べると、黄疸が。肝不全になっているようです。
チェイス達は、今までの症状はすべて肝不全が原因かも
と言いますが、ハウスは今日起きた症状が、これまでの症状の原因なわけがない
と納得しません。
肝不全の原因は何か。血液、毒物、薬物、どの検査でも問題はなかった。
ハウスは、「体にいいものが原因かも」と言うと、チェイスが「元ベジタリアンです」と発言。
キャメロンは影響はないはずと言いますが、
ハウスは「OTC欠損症」なら肝臓に影響が出る、「ハンバーガー検査」をしろと指示します。
キャメロンとチェイスは不思議顔でしたが、その名の通り
ハンバーグをたくさん食べさせる検査(?)
ネイトは最初、こんなゴミくわねぇよ、と食べようとしませんでしたが
チェイスが、自分で食べた方が楽だぞとおどし、拘束具を用意しようとしたのを見て
しぶしぶ食べ始めます。
検査の結果、アンモニア値はあがっておらず問題なし。OTC欠損症ではありませんでした。
そのころカッディはウィルソンのところに「面接の邪魔をしたわね」と詰め寄ります。
ハウスでも私もでもないなら、ハウスを守ろうとしてるあなたよ、と。
でもウィルソンは、ハウスにはノーというやつも必要だと
フォアマンが辞めることに反対していないと言います。
一方、検査の結果を聞いたハウスはそれなら今度は「餓えさせろ。」と指示。
チェイス達は血糖値があがってキレやすくなる・・と嫌そうでしたが
案の定、ネイトは点滴用のスタンドを振り回して大暴れ。
尿サンプルを採りたいだけというと、ニヤリと笑ってその場で尿を出し始めます。
母親も呆れる中、尿に血液が混ざりだし、さすがのネイトも愕然としています。
検査の結果、血尿の原因は腎不全。一生透析が必要になってしまいました。
採血をすることになり、フォアマンが自分がやるが、その後面接のため外出すると言います。
その面接問題の方はというと、カッディに疑われたウィルソンが、
今度はキャメロンの元に。
ハウスを好きな自分が疑われたけど自分はやってない。
それならハウスを好きなキャメロンじゃないか、ということなのです。
キャメロンは私じゃありません、ハウスのことも好きじゃないと否定し
ラボへ向かいます。
ネイトの血液を検査するキャメロンとチェイス。
キャメロンはチェイスを疑っていてチェイスは
「僕がやったと思ってるの?」と意外そう。「フォアマンに残ってほしいと思ってないのに」と。
キャメロンはただ邪魔してるだけ、と言いだし
他の人はみんなハウスのために邪魔してるのに、僕だけ嫌な奴だから疑われてるのか?と怒りながらも、
今日は火曜日。「好きだ」と告白します。当然あしらわれてしまいますが。
検査の結果、チェイスはケリー・シーグミラー症候群を疑いますが
キャメロンは反対。ラボでの会話が影響してそうな様子ではあります。
ケリー・シーグミラー症候群なら攻撃的になるんじゃなくて、自傷行為を取るのではと。
チェイスがストレスがあると自傷的になる病気だと言うと
ハウスはストレスを与えて進行させようと、チェスを持ってネイトの元へ。
ネイトにしたらはじめてみる人なので「あんた誰?」と怪訝な顔。
チェスなんかやらないという態度のネイトに、
悪口対決なら負けないぜ、とばかりハウスは「睾丸が小さいのは臆病な証拠だ。」
結局チェス対決(と悪口対決も?)うけることにしたネイト。
具合はかなり悪そうですがどんどん駒を動かしてはいきます。
ハウスがチェックを繰り返しますが、睨みつけながらも駒は動かし
ハウスの一手に、自分の駒を動かした後ニヤリと笑うと、キングを倒せ。と言いだします。
どうやっても自分が勝つから、潔く負けを認めろということのようです。
ハウスがじっとネイトの様子を見ていると、ネイトは発作を起こします。
ハウスは「くそっ」とつぶやき、ナースを呼び、チェスをどかします。
こっそりキングを倒しつつ。
ミーティングルームに戻ると、ケリー・シーグミラーなら発作は起こさないとキャメロン
アミロイドーシスなら?とフォアマン。
チェイスは、それなら性格は悪くならないと言います。
ハウスは、「症状がウソをついていたら?」とホワイトボードの
パーソナリティ障害の行に線を引きます。
これでアミロイドーシスのただのムカツクガギだ、と。
そして免疫抑制剤を投与して、骨髄ドナーを探すよう指示します。
生検のため手術室で足首から細胞を取るフォアマン。
しかし、結果は異常なし。アミロイドーシスでもありませんでした。
フォアマンは感染症かもしれないと言いますが
ハウスは免疫抑制剤の投与を続けるように指示します。
呆れながらも立ち去ろうとするフォアマンに
ハウスは、俺に逆らって抗生物質を投与することもできた
お前はまだ自分より俺を信じてるんだよ。
と言うのでした。
ハウスはネイトに負けたのが悔しいらしく、オフィスでチェスの続きを考えています。
そこにチェイスが現れます。
「面接を邪魔しましたね?」
巡り巡って戻ってきた(笑)
みんなが誰かを疑ってる。そうし向けた人がいるなら、それはハウスだ、という推理です。
そして、チェスの駒を持って、コツコツ机をたたきながら
フォアマンに必要とされてると感じさせることが重要です。
とお説教していますが、それを見て考え込むハウス。
当然のことながらフォアマンのことを考えてたわけじゃなく
「症状をひとつ加えそこなってた。」
とつぶやき、ネイトに会いに行くのでした。
再び、ポーンを選ばせようとするハウス。
ネイトは嫌がりますが、点滴の袋を外すぞ、と脅し、仕方なく駒を取ったネイトの親指をつかんで開こうとします。
痛がるネイトをみて、母親は「やめて」と叫びますが
ハウスは、人差指と中指の間で駒を持つのは、親指を曲げられないからだと指摘して
さっき外すと脅してた点滴、免疫抑制剤を外します。
アミロイドーシスじゃない。
鉄ヘモクロマトーシスだったんだと。
食べ物から吸収した鉄を取り除けないため、臓器などにダメージを与えているのだ説明すると
母親は「性格の問題は?」と尋ねます。
ハウスは病気とは関係ないただの悪がきで、たぶんあんたのせいだと言います。
ただ、母親の言いつけどおり、ベジタリアンだった時は鉄の摂取も少なくて大丈夫だったと言い、
突然メスでネイトの腕に傷をつけます。
ナースを呼び、自分でやっといて「大変だ。出血し始めた」なんて言っていますが
これが必要な処置のようです。
一生透析が必要だし、数か月に一度血を抜く必要があるが助かる。
そう母親に説明した後、ネイトにチェスの続き、自分が勝てる手筋を説明して「俺が勝った」と言いますが
ネイトは「ハッタリだったんだよ。だからあんたの負けだ。」と良い、ハウスは悔しげに「クソガキめ」と病室を後にします。
謎なのは最後のシーン。
フォアマンがアミロイドーシスの検査をしてるところに顔を出したハウス。
フォアマンが何も出ません、と答えると、もう一度検査しろ、徹夜だな。
と言って出て行っちゃいます。
これってフォアマンに残ってほしいこととか、面接断っちゃったの俺だぜ
とかうまく言えなくて、思わず言っちゃったのか??
それにしたって、ヘモクロマトーシスだった、って教えるくらいできるのに。
検査をしてる間はここにいるから、ってことなんでしょうか。
やっぱハウスって人は複雑です!
さて、次回はシーズン3の最終話です。
FOXでは引き続きシーズン4が始まるので、楽しみです!!

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ