カレンダー

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

OLYMPUS μ9000を使ってみました

2009年5月9日

購入から1か月、ミュー9000を使ってみた感想です。
使ったのは、まず近所を散歩した時に持って歩いて
クローバーとか空とかいろいろ撮りました。
あと、お仕事で料理の写真を撮ったんですが
デジタル一眼と両方持って行って
ミューでも撮ってみました。
甥っこが遊びに来たので動画も撮ってみました。


【外観】
色は黒、シルバー、青の3種類しかなかったのでシルバーにしました。
他の機種はかわいい色があるのに・・と聞くと、店員さんは言いずらそうに
「この機種は男性がターゲットなので、別の機種ですと女性がターゲットで色も豊富なんです。」
と教えてくれました。

私も一応女子なんですけどね。。
確かにいつも選ぶのは女性ターゲットじゃない商品っス
ミュー9000ミュー9000後ろ
結構指紋が目立ちます。

あとジーンズのポケットにグイグイっといれてたせいか
早くも小さなキズがひとつ!
EOS Kissは2年使ってるんですがキズや指紋が目立ちにくい表面で
まだまだキレイなので、ちょっと気になったポイントです。

【ボタン類】
私は一応女子ですから指はそんなに太くないので良いですが
男性ターゲットの商品にしては電源ボタンが小さい
電気工事をしてる叔父がいるんですけど
仕事柄もあって、結構指が太いんですよ。
これ、おじさんじゃ電源入れられないんじゃないか??なんて思っちゃいました。

あと、カメラとビデオなどを切り替えダイヤルも
ちょっと回しずらいかも。
このダイヤルに再生モードも入ってますが
それとは別に再生モードにできるボタンが付いてるのは使いやすいです♪

【撮影】
普段デジタル一眼を使ってたので、それが普通だと思っちゃってることがたくさんあります。
たとえば記録にかかる時間とか、色々。
なのでミューが他のコンパクトデジカメと比べてだめというよりは
デジタル一眼とは違うなって点になっちゃいますが
まず、オートフォーカスが気になりました。

【撮影:オートフォーカス】
なかなかピントが合わない。
ジージーって一生懸命動いてはくれてますが
映したものがど真ん中にあるのにピンぼけしたまま。。
先日、抹茶クリームあんみつを撮ろうとしたんです。

これは抹茶の緑、あんこの黒、器の白、背景になる机は木と、色もあるし
ピンと合わせやすそうなんですが、ジジージーと時間がかかってました。
測距点が1個だからなのもあるのか??

【撮影:手ぶれ補正】
ジャパネットたかたを見てると、カメラをブンブン振ってもブレません
なんて、実際に撮影してたりするので
コンパクトデジカメの手ぶれ補正ってそんなにすごいのかぁ
と、期待していたんですが、案外ブレます。

店頭でも気になっていたことなので、店員さんに聞いたら
あれは、普通の明るさの場所で感度をあげてとってるから
シャッタースピードが早くなってブレないんです
とのこと。手ぶれ補正の性能ってことじゃないそうです。
だから普通に感度を上げずに撮ったら案外ブレるわけです。

うちの母やおいっこ達は、シャッター押す時にカメラもグンと動いちゃう人たちなので
手ぶれ補正は活躍するぞ、と思っていただけにちょっとガッカリ。
私は一応脇をしめて、カメラが動かないようにシャッター切ってはいるのに
小雨が降る上野公園や落ち着いた照明の甘味処ではブレてる写真ばっかりでした。

ただし、薄曇りでそよそよ風が吹いてる中でサクラソウを撮った時は
花がゆれているわりに(一応落ち着いた時をねらってはいましたが)ちゃんと撮れてました。
ちなみに、感度を自分で上げれば良いじゃないか、と言う話もありますが
手動で設定できる感度は低いことも多いです。

たとえば、感度6400と書いてある機種でも、手動では1600までで、
6400はオートでしか設定されないということがあるので
高感度なのが良いな、と思ってる方はそこもチェックしてみてくださいね☆
ミューは手動でもオートでも1600が最大ですけどね。

【撮影:セルフタイマー】
これはたいした事じゃないんですが、10秒待ちしかありません。
手ぶれしやすい環境の時に、シャッターを自分で押さないためにセルフに設定することがあるんですが、前のデジカメは2秒タイマーがあったのでそれを使ったり
EOS Kissにはリモコンがついてるのでそれを使ったりしてました。

なので、ミューにはリモコンもないし、セルフタイマーも10秒待ちしかないのか・・・と後から気付いてちょっとガッカリした点です。
全体的に文句っぽい(笑)
良いことはメーカーのページに書いてあるので
気になったところをあえて書いております!

全体的にデジタル一眼と比べてしまってるだけなので
コンパクトデジカメと考えたら満足して使ってます♪

【気に入ってるところ】
16:9のサイズで撮影できるところ。
パノラマ合成機能もあるんですが、ちょっと面倒なので
パチリと撮ったら普通に16:9になってるのはなかなか良いです。

印刷するには4:3の方が良いですが、
私の場合WEBの素材として撮ることも多いので
そういう時、横長の方が使い勝手が良いのです♪
ちなみにこれはどっちにするか悩んだパナソニックFT1でもできます。

さらに、FT1だと3:2でも撮れるし
各比率毎に4段階(横1920~4000)のクオリティに分かれてます。
ミューは1920×1080だけ。。
他にも、CanonのPowershotでも「ワイド」があるので
コンパクトデジカメでは普通の機能みたいですね。
取扱説明書も読まずにとりあえず使った感想なので
もっといろんな良いところがあるかもしれませんが
まずは1ケ月目の感想でした~

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ