カレンダー

2022年1月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

BONES シーズン1 第2話 「 自爆テロリストの真実 」

2009年3月24日

【ネタバレ】
第2話はアラブ系アフリカ人友好同盟前からスタート。
アラブ系の男性が興奮気味に車を走らせています。
かなり荒い運転をしていたかと思ったら、突然車が爆発。
ボーンズ達が呼び出されます。
車にこびりついた肉片、アンジェラは「ごめん、やっぱり私には無理・・」と
現場から去っていきます。
ブレナンは「油を持って来て、ステーキと同じ要領よ」てな感じでへっちゃら。
自爆テロかと思われた事件でしたが、容疑者がハミット・マズルクという
大統領にもあったことがある人物だったことから
またまたボーンズが嫌いな展開に。


【事件】
保障省からは監視役としてギブソンがやってきて
陰謀論者のジャックは敵対視します。
優先して身元の割り出しをさせろ、と指示が出るも
虫に聞いて。こんなのただの紙よ。
など、非協力的なジェファソニアンチーム。
ハミットではなかった、という鑑定結果が望まれる中
しかし、ボーンズは医学的に同一人物だと判断します。
更に、これは自爆テロではなく、爆弾を使った殺人だったということも判明し
妻や妻の浮気相手も捜査対象になっていきます。
ところがところが、浮気相手が保障省から送り込まれたスパイだったりして
またしても「色んな事情」が出てきてしまいます。
ザックが復元に手間取っていた頭蓋骨は、
爆発の衝撃だけじゃありえないほど細かく砕けていて
毒を盛られていたのだということもわかります。
そして、ザックとジャックが絶縁体に使われていた物質から
タイルを突き止め、そのタイルが使用されている地域を割り出し
被害者の弟、ファリッドが真犯人だとわかります。
家を調べると、被害者である兄と彼自身にも症状があらわれていた有害物質
ダイオキシンやタイルなども出てきて、
爆弾を使ってダイオキシンをばらまこうとしていることが分かります。
被害範囲は300~500m、あらゆる病気を引き起こすという恐ろしいテロ。
平和会議がターゲットだろうと、ボーンズとブースは会場へ駆けつけます。
SWATの到着を待っている余裕はなく、ボーンズは1階にいるファリッドを2階から後姿を見ただけで
あの歩き方はダイオキシン中毒、頭蓋骨がファリッドよ。
肩の骨を見れば重いものを持ってるってわかる。
とブースに必死に説明します。顔を確かめなきゃ撃てない(当然ですけど)
とためらうブース。
「ファリッド!」
ボーンズの呼びかけに、起爆装置を握った犯人が振り向きます。
警告するもスイッチから手を放さないファリッドをブースが射殺し、
事件は解決しました。
【ボーンズとブース】
さすがは元陸軍スナイパー、普通の拳銃しかも2階からなのに見事な腕前、と思いきや
この事件は自分の手柄とはせず、秘密捜査ということにしたブース
「人を殺したんだ。喜べない。」
と神妙な面持ちです。
1話目で、スナイパーとしてたくさんの命を奪ったことの償いとして
殺人犯を捕まえたくて捜査官になったと言っていたブースですから
射殺は避けたい事態、だったんですよね。
それを聞いていたボーンズは「やめてよ、命の帳尻合わせみたいじゃない」なんて
言っていましたが、
「でも大勢の人の命を救った。忘れないで。」
とブースを力づけます。
こうやって相棒としての絆が深まっていくんですね~♪
【ブース】
ボーンズと相棒としての絆が少し深まったブースですが
企業の弁護士をしているテッサと付き合っていることが判明。
何かにつけて引き合いに出され、からかわれてしまいます。
それから、上司から「手を引け」と言われて
「止めろって言うなら止めるさ、どうなろうと知ったことか」
「俺は大人だ、キレてなんかないぞ。」と運転しながら
正反対のことばっかり叫んでます(笑)
こんな時は神様に相談するんだ、的なことを言っていて
ブースは敬虔なカトリック教徒だという事もわかります。
今後のエピソードでもカトリックだということが出てきます。
【ボーンズ】
被害者家族と会ったボーンズは、例の如く
「ちらばった身体の一部が見つかっていない」とか
具体的な事を説明したり、人種問題についても、歯に衣着せぬ言い方。
でも、思いやりのない、冷酷な人のようだけど、彼女なりの思いやりなのだと
わかるように描かれています。
遺体のことを話したのは、遺体が全部見つかればイスラム教式に埋葬できるからだし
アラブ人だからこそ捜査がしっかり行われたというのは事実なのだから
それは認めるものの、でも人種差別じゃない、捜査対象になったってだけのことよ
と、偏見がない人だからこそ出てくる言葉だなって思います。
横でブースが「不適切な発言をお詫びします。」って言ってるんですが
ハウスと同じ声で言ってるのがおかしかったです。
(吹き替えのブースの声は、傍若無人なDr.HOUSEと同じ人なんで)
【おまけ】
上司のサンタナ役のホゼ・ズニーガはCSI:科学捜査班で
キャバリア警部役の人です。
○その他のゲスト情報
国土安全保障省のギブソン役 Dave Roberson(デイブ・ロバーソン)
・・・1話目でボーンズに投げ飛ばされた人。2話連続で出てきたから時々出演するのかとおもいきや2回だけでした。
テッサ役 Anne Dudek(アン・デュデック)
・・・Dr.HOUSEのシーズン4にDrアンバー役で出てくるようです。
脚本:STEPEN NATHAN

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ