カレンダー

2021年3月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

バリー・フロストに捧げるエピ

2015年7月17日

【ネタバレ注意】
リゾーリ&アイルズのフロスト刑事が交通事故で亡くなったということで
シーズン5の2話目は、フロストの追悼エピとなりました。

今回は本当に役者さんご本人が亡くなっているということで
制作陣も色々大変だったと思うんですが
きちんとフロストのために時間を割いたエピソードになっていて
リー・トンプソン・ヤングが制作陣、そして共演者に愛されていたんだろうなぁって感じました。

葬儀のシーンで、写真が出てきたんですが
子供の頃の写真もあったり
リゾーリや、モーラ、フランキーのとの写真は
撮影中や打ち上げの時に撮ったオフショットなのかなと思わせる雰囲気でした。

リゾーリが、フロストの幻覚を見ちゃうシーンもあって
あれは過去の回から持ってきているのかな?
違和感なく出てきていて、ドキッとしちゃいました。

葬儀のシーンはこちらまで本当に悲しくなってしまいました。

みんなに泣いた方が良いって言われても
リゾーリはまだ受け入れられていないから涙も流さず事件を解決したけれど
アパートに戻ると、そこにはフロストからのハガキが届いていて
泣き崩れるのでした。

このシーン、吹き替え版だと、声優さんは当然御存命ですから
その文章をフロストの声で読み上げてくれます。
これは本当吹き替え版ならではの演出ですね。

このエピを見て、こんなに周りから愛されていたであろう人でも
自殺してしまうのだと思うと本当に残念で
思いとどまっていてくれたらって考えずにはいられませんでした。

リー・トンプソン・ヤングのご冥福を心からお祈りいたします。

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ