カレンダー

2021年12月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

CSI シーズン14が23時でスタート

2014年10月7日

これまでCISベガスは土曜日の22時に放送してたんですが
シーズン14は土曜日の23時が初回放送になりました。

危うく見逃すところだった!
でも23時から22時じゃなく、後ろにずれたので無事
初回放送を見られました♪

いきなりどうでもいい話ですけど
モーガンって女の子の名前なんですね
モーガンって効くと、クリミナルマインドのデレク・モーガンを
想い浮かべるので、苗字か、名前でも男の子の名前なのかなってイメージがありました。

【ネタバレあり】
で、そのモーガン。
シーズン13のラスト、潜入捜査の途中で消えてしまった
というところでクリフハンガーでしたが
数週間後にすぐシーズン14が放送開始になったので
内容を覚えているうちに見られました。

冒頭、お葬式のシーンから始まったので
モーガンが死んだってことはなさそうだなって
逆に思ったけど、じゃぁ誰が??
私の予感では、ブラス警部の娘さんの方かも・・・

そこから、時間が戻って、CSIメンバーが必死に行方を探しているシーンへ
グレッグがいつになく熱くなってたのは
仲間がさらわれたから、なのかモーガンだったからなのか
とにかく辿り着いた先には、金髪の女性の死体が・・・
でも、それは教会から姿を消した女性でした。

モーガンは生きていて、ブラス警部の娘さんエリーと共に
監禁されていました。
そして、その姿を録画したものがCSIに送られ
モーガンかエリー、どちらを助けるか選べ、とモーガンがしゃべらされていました。
選ばなければ、こっちで選ぶと。

少しおびえた様子にも見えたモーガンでしたが
実際はちゃんとメッセージを送ってきていて
飛行機の音と撮影時間から、監禁場所を特定できました。

モーガンも自力で脱出すべく、ベットのスプリングの一部を取ろうとがんばり、ついにはずすことに成功!
それを手に隠し持って、犯人に反撃。
倒れた隙に鍵を奪って、拘束具をはずし、エリーが付けていた首輪を犯人につけさせて共に逃げだします。
ところが、もう一人女の人がいるかも
と言うエリーの言葉にモーガンは中に戻りました。

ところが。悲しいことに、そこには女性の姿も
そして犯人の姿もありません。
急いで外にでたモーガンの目の前には犯人が。
銃を奪い合っていたところに、エリーが戻ってきて犯人を射殺します。

そしてモーガンが「行こう」と歩きだした背中に
エリーが発砲するのでした。

そもそもモーガンや先にさらわれた子とエリーのタイプが違いすぎるから
どう言う趣味で選んでるんだろうって思ってたんですが
二人のうち、どちらか選ばなければこっちで選ぶ
って言ったところで「普通、どっちも殺すって言うんじゃない??」と再び疑問
でもまさかエリーが犯人だとはまだ思い付かず
エリーが電話でブラス警部と話した姿を見てようやく少し疑いが生まれました。

そして、エリーが付けたはずの首輪が外れていたり
撃たれた犯人の表情が困惑していたから
モーガンが背中を向けた瞬間、「なんで気づいてないのさ~~」と目をつむってしまいましたっ

やっぱりあのお葬式はモーガンのだったの?!

警察の到着が遅ければ、そうなっていたかもしれませんが
CSIが場所を突きとめたおかげで、すぐ病院に搬送されたモーガン
けれど意識不明のまま手術を受けているから
まだ誰もエリーの事には気づいていません。

無事保護された被害者として、エリーは家に戻ります。

しかし、CSIは見逃しません。
犯人の服に発射残差がなく、もみ合った状態で撃たれたわけじゃないと
エリーの証言の矛盾に気づきます。
混乱してたんだろうと思われかけますが、犯人の携帯に入っていた写真を調べると
そこにはエリーとともに映った写真が
さらに、エリーのお母さんも一緒に写っていたのです。

まだそのことを知らないブラス警部が家に顔を出すと
そこには元妻の死体、そして銃を構えたエリーがいました。
「これはあんたと私の問題なのに、なんでママを呼んだの
ママには紹介しちゃってたからこうするしかなかった」と。

そう。冒頭のシーンは警部の元奥さんのお葬式だったのです。
そして養女のエリーがその犯人。
ブラス警部にとって、なんとも辛い事件となってしまったのです。

警部の娘エリーは、過去のシーズンでも売春婦になってたりと
問題も多かったし、警部の本当の娘じゃないから関係が難しかったんですけど
いつかきっと和解できると思っていたので、切ない。。

その一方で、同じように父エクリーとの関係が
もともとは悪かったモーガンは、今ではすっかり和解できて
最近じゃぁエクリーはすっかり良いパパです。
最初の頃は嫌味な役柄だったんですけどね~
でも、だからこそブラス警部にとっては酷な事件ですよね。

久しぶりにブラス警部にドラマチックな展開があるエピだったから
役者さん(ポール・ギルフォイル)的には面白いエピだったと思いますが
次回は警部がもっとハッピーになれるお話が良いなぁ。
なんだかんだ、ブラス警部が活躍するエピって過酷なんですもの^^;

ところで、初回は拡大版だったんですが、どうも新たなスピンオフドラマが始まるようです。
CSI:NY、CSI:マイアミが終わったところでの新スピンオフなんですね~
本家の人気は相変わらず、ということのようです。
で、そこに出てくるのが、ミディアムでアリソン・デュボアを演じた
パトリシア・アークエットがメインキャラとして登場するようです。

詳細はチェックしていないんですが、やっぱり顔を見ると「あ、アリソンだ!」って
まだ思ってしまいます(笑)
でも、今度の作品でまた違う印象を持つようになるのかな。
そちらも日本での放送スタートが楽しみです♪

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ