カレンダー

2019年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

Dr.HOUSE

登場人物

グレゴリー・ハウス(ヒュー・ローリー)

過去の誤診が原因で右足を悪くしたハウスは杖がトレードマーク
常に足が痛むようで、バイコディンと言う痛み止めの薬を常用しているため依存症気味。

そして、痛みも一因なのか、元来そういう性格なのか
とにかく「傍若無人」って言葉がピッタリの人物です。

病名を突き止めるためには、何だってやっちゃうので
患者さんの家族からも冷たい目で見られたり
診断医としてだけでなく、人を怒らせる天才でもあります。

どうしてこんな人になったのか、
その謎を解くカギは、シーズン中少しずつ見えてくる部分もあります。
たとえば、昔父親から虐待されていたかも、と言う話や
子供のころ日本に来た事があって、それがきっかけで医者になったとか
ちょっとずつ人物像も掘り下げられていきます。

ハウスの魅力は、普段威張り散らしてるくせに
やりすぎちゃった時に、シュンとなった感じが
雨に打たれた子犬か、小鹿のようにも見えるところ

これはハウスを演じるヒュー・ローリーの味って感じがします。

ジェームズ・ウィルソン(ロバート・ショーン・レナード)

癌の専門医なので、癌患者の時には診療にも参加しますが
主にハウスの親友であり良き理解者として登場します。

無茶苦茶な事ばかり言うハウスに、呆れながらも付き合うウィルソン。
彼の忍耐力には脱帽します(笑)
良い人ですが、女好きと言うか、惚れっぽいのかな。確か2回離婚しています。

リサ・カッディ(リサ・エデルシュタイン)

字幕版で聞くと「カディ」と言う発音に聞こえるけど
文字としてはカッディと出ています。

プレインズボロ病院の院長で、医師としてのハウスをとても信頼しています。
大学時代からの友人でもあるため、言動に対して注意はしつつも
最後には許してしまう甘い所もあります。

いつも、胸元が開いた服を着てるので、ハウスによく突っ込まれています。
また、ハウスの言動に振り回されてる感はあるものの
いざという時に頼りになるし、愛情深い人物。

【 部下達 】

エリック・フォアマン(オマー・エプス)

アフリカ系アメリカ人のため、ハウスが時々人種差別的発言をします。
貧しい地域の出身のため、昔は窃盗などもしていたこともあったが
一念発起して医師になったので、同じような境遇で堕落してる人に対して厳しい面もある。

従順なタイプではないので、もっともハウスに反発する人物で
ハウスの実力には敬意を表しているものの
ハウスのような人間には絶対なりたくない
と言う強い思いがあります。

アリソン・キャメロン(ジェニファー・モリソン)

真面目で倫理観が強く、また、女性ならではの感情に左右されやすい。
ハウスからは女性差別的な言葉を投げつけられることもしばしば。
死にかけている人や、精神的に弱い人に感情移入しすぎる傾向もある。

ハウスとは正反対の性格のため、よく対立しているが
ハウスを好きになったこともあるし、尊敬はしている様子。

ロバート・チェイス(ジェシー・スペンサー)

オーストラリア訛りで話すため、ハウスに「気取った話し方」などと言われることもある。
野心家の面があり、ハウスが間違っていると思っていても
とりあえず従っておこうと言う立ち位置が多い。

ハウスの直接の部下ではなくなってからは
かなり強気な態度で、ハウスに反抗することもあるが
危険だからやらないような手術でも、ハウスがやれと言うならやる
と言う所は変わらない。

【シーズン4からのキャラ ネタバレですのでご注意を】
当初番号で呼ばれてたので、こんな名前だったのかって感じです。
キャメロン達がシーズン3のラストで退職して
シーズン4から登場した部下候補達。
その中で、勝ち残ったメンバーがシーズン5でも引き続き登場します。

ローレンス・カトナー(カル・ペン)

元「6番」途中でクビになるも、番号札を逆さにして「9番」として
勝手に復帰しました(笑)
ずうずうしく野心的なタイプなので、ハウスに一番近いかも?

レミー・ハドリー(オリヴィア・ワイルド)

元「13番」
シーズン5に入っても、ドラマの中で名前を呼ばれてるところは
ほとんど見ないので公式サイトで名前をチェックしました^^;
秘密主義で人を寄せ付けない雰囲気あり。
まだ発症はしていないものの、ハンチントン病の検査で陽性が出ている。

クリス・タウブ(ピーター・ジェイコブソン)

元39番
元整形外科医で浮気が原因で前の病院をクビになったらしい。
性格的には他の人に比べて強い個性はないけれど
医師としての技術的には高そうな感じです。


更新日:2010年7月22日

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ