カレンダー

2022年1月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

BONES シーズン1 第1話 「 墓地の眠れぬ魂 」

2009年3月18日

【ネタバレ】
記念すべきBONES シーズン1 第1話目です。
どのドラマでも1話目は色んな事を一気に説明する回なので、
BONESでもたくさんのことが詰め込まれてます。
とりあえずは見とかなきゃいけない回ですよね!
ダレス国際空港のシーンから始まります。
グァテマラで大量虐殺の被害者の骨を鑑定してきたボーンズを迎えにきたアンジェラ。
ところがモニターが壊れていて
「ちょっと壊れてるじゃなーい。」「あのちょっと~」
ウロウロしたり、無視する係員に胸を見せて話を聞かせようとしたり
アンジェラのキャラがいきなり発揮されてます
そこに現れたボーンズ。アンジェラとの会話や頭蓋骨を持っていたのが分かって
国土安全保障省の人の人に連行されてしまうシーンで
ピートと離婚したばかりだということ、武術に長けていること、
法人類学者であること、著名な作家でもあること、そして
FBIの捜査に協力することもある、なんてことがうまいこと紹介されています。
ついでにど~も人付き合いは下手っぽいってこともわかります。
ブースが現れ、連行されたのはボーンズを足止めするためだったと分かり
早速現場へ向かおうとします。
「ボーンズって呼ばないで。」
(1話目では嫌がってたんですねぇ。)
会話からは二人がまだ仲良しではないことがわかります。でも波長は合ってそう♪
交渉の末、捜査には全面参加、現場にも行く、と言うのを条件に
捜査協力をすることになります。


【事件】
さて、事件は腐乱死体が発見されたところから始まります。
重りをつけられ池に沈められていた死体は
二十歳前後の女性だということが初見でわかります。
ジェファソニアンに骨を持ち帰り、じっくり骨を眺め、
パズルを解くように骨を並べ替えたり、その作業を徹夜でやってしまうボーンズ。
そして骨などの鑑定結果から、被害者はクリオという上院議員との不倫が噂されていた女性で
頭蓋骨が砕けているけど、実際には刺殺されていたことが分かります。
ところが上院議員が絡んだ事件だとわかると、FBIはしり込みしてしまいます。
刺し殺されただけでなく、顔をハンマーでつぶされ、指紋も消され池に沈められた被害者。
当時の担当でもあったブースも本当は解決したい。
カエルの骨だと思われていたものが、胎児の骨だったとわかり
議員の子供を身ごもったのが殺された原因だったのだと
ボーンズは議員が捨てたガムを拾ってDNA鑑定を試みますが
骨からは十分なDNAを採取することができず、決定的な証拠はないまま。
ついに議員宅の家宅捜索に踏み切るブース。
ハンマーは見つかったものの、血痕もなく、遺体に付着していた珪藻土も見つかりませんでした。
ボーンズとアンジェラ達が、「逮捕もできないの?」とお酒を飲みながら
やり切れない思いで雑談していると、魚と珪藻土が結びつき
熱帯魚を飼っている議員の秘書のケンが犯人だとと気がついたボーンズは、あわててケンの家へと向かいます。
「ブースに行き先を伝えて」と行き先も告げずに出かけてしまうボーンズ(笑)
家に着くと、証拠隠滅を図ろうとしているケンの姿が見えます。
全て燃やしてしまおうとするケンを止めようと
ボーンズは彼の足を撃ってしまいます。
「嫉妬でもなく、議員の子を身ごもったからって殺すって
あなたどういう人間?」
完全にパニくった状態のボーンズ。そこにブースが駆けつけます。
「彼がやったって証拠はある。けど動機がわからない。別に・・どうでも良いけどね動機なんて!」
ケンの思考回路が全く理解できないボーンズ。
仕事を失いたくないためってことですが、どっちにしろ身勝手な動機だから
ボーンズには理解できなくて当然って思いました。
【ボーンズとブース】
シーズン3なんかに比べると、当然のことながらまだまだ二人の関係はギスギスしてます。
ブース:事件を解決するのは学者じゃない、俺達捜査官だ。
ボーンズ:容疑者が議員じゃなきゃとっくに地下を調べてるでしょ?
でも、やっぱり良い相棒だなってところも初回からあらわれてます。
遺族に「頭蓋骨が」とかリアルな話をしようとするボーンズに対し
被害者のホームビデオを見て、悲しげな表情を見せるブース
正反対の二人だけど、事件を解決したい、という同じ思いがあるんですよね。
【ブース】
ブースが良く使う「スクインツ」って言葉
ボーンズ、ジャック、ザックみたいな学者肌の人のことをさしてるわけですが
これはちゃんとした英単語じゃなく、ブース語でした。
目を細める=squint(スクイント)の複数形?
学者さんってのはズカズカと捜査に口出しして
何かというと目を細めてるからそう呼ぶんだそうです。
ボーンズには「あぁ、IQが高くて理論的な人のこと。」ってあっさり切り返されて
「まぁ・・そうだ」ってちっさい声で認めてました(笑)
【ボーンズ】
アンジェラに、「人づきあいって苦手。生きてる人間はダメみたい。」と打ち明けています。
心理分析はヤワだから嫌い
が口癖のボーンズですが、アンジェラは心理分析的なアドバイスばっかりするのに
相談するのはアンジェラなんですよね。
「人の気持ちを理解できない自分」というのがボーンズのテーマって気がします。
理解できるようになったらヤワになるようで嫌でもあるけど
私ってそんなに分かってない?やっぱダメね、って言う思いもあるというか。
そんな彼女にとって、アンジェラはとても大切な友達なんだなって思います♪
【おまけ】
○ゲスト情報
ケン・トンプソン役Sam Trammell(サム・トラメル)
・・・ハウスやコールドケース、CSI:NY、LAW&ORDER CIなどいろいろとゲスト出演してます。
テッド役 tyrees allen(タイリース・アレン)
・・・エイリアス シーズン5にゴードン・ディーン役で数回ゲスト出演してます。
脚本:HART HANSON

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ