カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

ジャッジメント終了です

2015年10月30日

AXNで放送していたジャッジメントが最終回を迎えました。

【ネタバレあり】
シーズン1で打ち切りになっちゃったことは知っていたので
そろそろだなって思ってましたが、もうちょっと見たかったなぁ。

ジミー役のロブ・モローは本当笑顔が良いんですよねぇ。
弁護士役って事で、ちょっと強引な一面もあるんだけど、あの笑顔で緩和されちゃう。
ロブ・モローと言えば私の中では「たどりつけばアラスカ」のお医者さんかなんかの役で初めて見て、その後だいぶたってからナンバーズのドン役で見た時「こ、この人ってあのアラスカの!!」って思いだしたくらい面影がちゃんと残っていたんですよね。
天才のお兄ちゃんとして、ちょっと屈折した思いもありつつ、見守る姿にあの笑顔がぴったりで、もう1話でお気に入りキャラ入り。
その後、CSI:NYで犯人役で出てきたことがありましたけど、あの時は放火魔の役だったからせっかくの笑顔が封印されてがっくりしつつ、ジャッジメントでまたレギュラー作品だぁと喜んでたら打ち切り(T T)

ちなみに、このドラマって日本では今年放送してるけど、実際はナンバーズ終了の翌年2010年の作品でした。
CSI:NYは2012なのでそっちの方が後の作品でした。
最新ではAmerican Crime Story と言う作品に出演しているようですが、そんなに大きな役ではない様子。
またピッタリの役で主演ドラマが出来ると良いなぁ。

で、肝心のジャッジメント最終回。
打ち切りが決定していて、ちゃんと終わらせるように最終回を作ってくれているので、展開としては強引ながらもまとまってはいたので良かったです。
クリフハンガーからの打ち切りは本当にがっかりしますからねっ。

今回は判事の引退パーティにみんなでお呼ばれしていて、ジミーとキャサリンが初めて対決した事件の話をしている回想スタイルでした。
ゲストで、ホワイトカラーのモジーが精神鑑定の専門家(弁護側)として登場していました。専門家に化けているだけに見えてしまった(笑)
でも最終的にはこの鑑定の方が正しくて、有罪とされた被告は今も幻視と戦っていると言うオチでした。

キャサリンは引退する判事の後任に選ばれ、ジミーの右腕アレーホはDCに行ってしまい、キャサリンとこのチャドも検事局を辞める(ジミーのとこに来るかも?)と言う流れで、みんなそれぞれの道を行く感じ。

回想シーンではジミーはまだ離婚していないけれど、奥さんはキャサリンがジミーにとって特別な存在って感じている様子で、それも離婚の原因だったのかなって感じ。

そしてパーティーの途中、「最高の女性を手放しちゃったのかもしれない」ってジミーがつぶやいた先には元奥さんとキャサリンがいて、どっちのこと?ってなります。

判事に後任にならないかと打診された時、キャサリンは上司でも彼氏でもなく、最初にジミーに相談していたし、もうわかるよねって流れで、パーティ終了後、ジミーがデートに誘って、二人は手をつないで歩いて行くと言うラストでした。

このドラマ、私は最後まで有罪か無罪か読み切れなくて、「正義」とか「裁判」ってものについて考えさせられたりして手法とかも面白いなって思っていたんですけど、銃撃戦などの派手さがなく、ちょっと退屈だったのかなぁ。なかなか良いって思うドラマがあっさり終わっちゃうのが残念です。
そうかと思うと、恋愛ドロドロみたいな医療系ドラマとか、おバカで下品なコメディが長続きしていたりして、アメリカの視聴者の好みがよくわからん・・・。

とにかく、みんなの進路がバッタバタですけど、最後キレイにまとめてくれてありがとう!ってことで、ジャッジメント(原題はThe Whole Truth)終了です。

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ