カレンダー

2024年6月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

お気に入りドラマ紹介

ツイッターリスト

サイト内検索

ランキング参加中

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ブログ王ランキング

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

相互リンク

相互リンク集

QR CODE

携帯用ブログのQRコード

☆ お知らせ ☆

URLが変更になったので、Google等からお越し頂いた場合、意図したページが開かない事も多いと思います。その場合はお手数ですが左メニューにある「サイト内検索」をご利用ください。

BONES シーズン1 第9話 「 過去からのプレゼント 」

2009年5月19日

【ネタバレ】
12月23日、研究所ではクリスマスパーティの準備が進められていて
アンジェラは妖精の恰好でボーンズのところにやってきます。
シークレットサンタをやるのよ、とパーティに誘いますがボーンズは頭蓋骨の方が良い様子(笑)
そこにブースが陽気に現れます。
サンルームをつくるために地面を掘ったら50年代の核シェルターが出てきて
中にはがいこつがあった、と写真を見せます。
ボーンズが自殺じゃない、と言うと、大喜びで、実は骨を持ってきていると運び込ませるのでした。
クリスマス気分が漂う中、ザックが骨の内部サンプルを取るため
骨を削ろうとしてるのに、規定を無視してジャックはエッグノックを飲んでいて
ザックが削り始めるとすぐアラームが鳴り始めます。
生物汚染が起こったのです。


【事件】
ザックとジャックはいそいでシャワーを浴びますが、マスクをしていなかったジャックは菌を吸ったおそれあり。
なのに普通にみんなと一緒に話していたので、全員、検査が終わるまでの2~3日隔離されることに。
クリスマスはジェファソニアンで過ごすことになってしまいます。
アンジェラ達がクリスマスの準備を進める中、クリスマスもプレゼントも嫌いなボーンズは
過去の殺人事件を解明するわと人骨を調べ始めます。
けい骨が骨折していて足を引きづっていたことと
骨組織からは鉛とニッケルが検出されます。
持ち物にはコインや服に縫い付けた安物の指輪、
それからパリ行きのチケットなどが見つかります。
考古学者でもあるグッドマン所長がブースとスーツケースの中を調べ
はっぱの絵が描かれたラブレターなどを見つけ
人骨はライオネルという名前だということだけがわかります。
ライオネルが持っていた服を仕立てた店は、孫が継いでいたため
1958年11月にスーツを購入していたことが分かり、翌日結婚式用のシャツを取りに来るはずがそれっきりになっていたことがわかります。
ラブレターを読み進め、恋人は黒人女性で妊娠していたことがわかりますが
ライオネルは白人。当時のアメリカでは白人と黒人の結婚は違法だったのです。
パリ行のチケットがあったのは駆け落ちをするためだったのかもしれない
と言う結論に達しました。
調べを進めていくと、ライオネルの苗字はリトル
24歳で会計士をしていたことがわかります。
また、コインの収集家であったことから、
ライオネルが発見された建物の元の持ち主である
アドキンスによって殺されたのではないかと推測します。
ライオネルは失踪届けが出されていて、最後に見た人物は
清掃係のアイビー・ガレスティ
ラブレターの葉っぱは「アイビー」で、この人がライオネルの
恋人だったのでは?と真相を知らせるため
ボーンズがあちこちに電話をかけ始めます。
アイビーは存命で介護施設にいることも分かり
クリスマス当日、彼女の孫を発見し、ジェファソニアンに来てほしいと伝えます。
来てくれるかしら、と待つ間、ボーンズは気になっていたコインを調べ
10万ドルはする貴重な1セントコインがあることに気づきます。
その後、検査結果が出て、全員感染していないことがわかると
皆大急ぎで研究所を後にします。
ボーンズが一人になったところに、アイビーと孫が訪ねてきます。
そして、アイビーにいきさつを説明し、パリ行のチケットを見せ
孫には1セントコインを手渡すのでした。
【ボーンズ】
いつものように誰が犯人かとか犯人を逮捕すると言うことよりは
ライオネルの人生を探るという流れです。
そして、クリスマスだというのにジェファソニアンに隔離されてしまって
それぞれが親しい人と面会するなか、ボーンズだけは誰とも面会せず
プレゼントは嫌いだと言って、プレゼント交換にも参加しません。
それは、ボーンズの両親がクリスマス直前に失踪したからというだけでなく、
昔、兄のラスがクリスマスの準備をしてくれた時のトラウマがあったから。
プレゼントを見て両親が帰ってきたと思ったボーンズは、
両親が帰ってくるまでプレゼントは開けないとゴネ、それはラスに
家族として不十分だと言ってしまったようなものだと、後悔していたのです。
その年が明ける前にラスは家を出て、ボーンズは里子になっていたのです。
でも、このエピの最後、アンジェラが作ったツリーの下で
一人、プレゼントの箱を置いて、ボーンズにとっての過去からのプレゼントを
開けたのでした。
アイビーと同じように、少し切ないけれど幸せな気持になれたのかな。
【ブース】
このエピで、ブースにパーカーと言う息子がいたことがわかります!
でも母親とは結婚しなかったのでたまにしか会えないのだそう。
しっかし、パパなのに、真っ赤なパンツに緑の靴下はいてるブースって(笑)
あと、些細なことですが、プレゼント交換用に紙で鳥みたいなのを作ってました。
別のエピでもペガサスの置物かなんかを作ってたので
工作が得意らしいです☆
【ジェファソニアンチーム】
隔離されることになった時のみんなのケンカがおかしかった
最終的には全然関係ないはずのグッドマン所長が悪いみたいになってました(笑)
それぞれの面会では、グッドマン所長は家族
ジャックは今付き合ってるらしい美女
ザックはミシガンから来た?親戚大勢
アンジェラはロッカーなお父さん
が会いに来ていました。
ブースはもちろんパーカー(シドが連れてきてくれてましたね。)
プレゼント交換は
グッドマン所長→ジャック:ふんころがしの化石?
アンジェラ→ザック:家族の絵
ジャック→アンジェラ:菌の拡大写真?(見た目はきれい)
ブース→グッドマン所長:紙で作った鳥?
ザック→ブース:ロボット(これがパーカーへのプレゼントになった♪)
と隔離された状態なのになかなかイケてるプレゼント交換をしてました。
他にも長い時間一緒にいたせいか、それぞれの宗教感とかも出てきて
登場人物のことが色々わかる面白さがあるエピでした。
脚本:HART HANSON

web拍手

コメントの投稿

コメント本文


ページ上部へ